• 2015.11.27
  • 下駄の三大産地の一つは大分県は日田市です。 はコメントを受け付けていません。

下駄の三大産地の一つは大分県は日田市です。

明治40年以降、機械が導入されるようになり質量ともに静岡県静岡市と広島県福山市、そして大分県日田市は下駄の三大産地として発展してきました。

日田下駄は江戸時代に殖産産業の手段として奨励されたことにより始まりました。

日田盆地に有する杉を使用した下駄が主であり今なお現代の下駄を全国に広めている産地です。特に表面を焼いた焼杉下駄が特徴である。高温多湿の日本では下駄はムレを防ぎ快適さは足に優しいのである。足の指とふくらはぎの力を強くし毎日の生活の中での使用は何よりの健康法でもある。足指の使用は血液の循環を抹消から促進し脳の働きも良くしてくれます。

現代では子供の偏平足が多くなっていますが下駄を履く事により解消され土踏まずの形成に効果があります。

よって、元気な子供が多くなるそうです。

そんないいモノを和雑貨わらいやではもちろん展開させて頂くことになりました!

大人用から子供用、または室内履きまで幅広く取り揃えますのでお楽しみに!

2015y11m27d_211116312

2015y11m27d_211247650

※目の前で和雑貨専門店 四季彩堂用に目の前で作って頂きました(^.^)坂本社長ありがとうございました!

以上、和雑貨専門店 四季彩堂 池本靖史(いけぽん)でした(^^)/

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RSS RSS

最近のコメント

    ページ上部へ戻る