琉球ガラスの歴史。

 □沖縄で初めて琉球ガラスが作られたとされているのは明治時代。

 

これ以前には本土から来るガラス製品を使用していたのですが、船のゆれによる破損が多く、これが問題となり、大阪や長崎から来たガラス職人によって、那覇に工場が建てられました。

 

当時はランプや漬け物の瓶など、生活に必要な日用品がよく作られていました。

 

□戦争による影響

 

第二次世界大戦の那覇大空襲により、ほとんどのガラス工場が焼け、またガラス製品も同じく焼失してしまいました。

戦後の物資不足とプラスチックの台頭により、ガラスの需要自体が少なくなりました。

 

しかし間もなく、駐留米軍による需要が増え、日常の器・アメリカ本土へのお土産として多く使われるようになりました。

大量の注文に対応する為、米軍が廃棄したビールやコーラ、セブンアップやウイスキーの瓶を活用し、新たに色つきのガラスが作られるようになりました。

 

□現在では

その後は沖縄観光の本格化や、協同組合の設立、工芸品としての認定などを経て、広く認知されるようになりました。

工房ごとに応用した新しい技法や、色・柄の開発などにより、琉球ガラスは進化を続けています。

職人さんに話をお伺いすると、あれやこれやと考えており、時間が足りないという程です。(*^。^*)

これからの「琉球ガラス」がさらに楽しみですね!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

2024年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RSS RSS

最近のコメント

    ページ上部へ戻る