不可能を可能に変えた「奇跡」のブルーローズ。

 植物のバラには「赤」「白」「ピンク」「黄色」など様々な色のバラが存在します。

 

また同じ「赤」の色でも、「緋色」「紅色」「濃紅色」などと、更に色合いがありそれぞれに異なった花言葉や意味が存在します。

 

 

前回ご紹介させて頂きました明るいイメージの「黄色」には「友情」や「さわやか」、「薄れゆく愛」などと言った花言葉がありました。

 

 

今回ご紹介させて頂くのは、「ブルーローズ」。そう「青いバラ」です。

 

青の色素を持たないとされてきた原種バラは、チューリップ同様、青色を作ることは不可能とされてきました。

 

英和辞典で「ブルー・ローズ」と引いても「不可能」と出てくるほどです。

 

 

しかし近年では飲料水のメーカーでもあるサントリーが長い年月と労力を経て、青いバラの制作に成功しました。

 

そこから転じて「奇跡」や「夢はかなう」などの花言葉となりました。

 

 

ギリシャ神話やおとぎ話では「神秘」や「愛」、「永遠の夢」として語り継がれてきた「青いバラ」。

 

そんな「青いバラ」と日本の伝統工芸品である「印伝」が出会ったことは、まさに「奇跡」ではないでしょうか?

 

 

使い勝手も考えられて作られた「浅草前川印伝」の印伝たち。

 

生活の一部として取り入れて頂き、末永くご愛用頂ければ幸いです!

 

浅草前川印伝のこだわりの商品はこちら!

 

 

 

以上、店長ひらたつでした!!

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

RSS RSS

最近のコメント

    ページ上部へ戻る