• 2017.4.24
  • 工芸品とオリジナル品。 はコメントを受け付けていません。

工芸品とオリジナル品。

 昔から伝わる「伝統工芸品」と、独自のものという意味がある「オリジナル品」とでは、ある部分では「一点もの」という共通の意味合いもありますが、一方では昔から伝わる周知のものという意味では相反するものでもあります。

 

ただ最近では、どのような商品も工芸品の技術を用いて「オリジナル品」を制作される方が増えてきております。

 

と、いうのも店長ひらたつ、最近オリジナルの「手ぬぐい」を制作致しました。

 

用途としては地元のお祭りにて地域の方や友人に配るためでございます。

 

 

 

個人情報が入っており図柄を公開することができず申し訳ないのですがしっかりとデザインをして頂き、注染染めにて綺麗に染めて頂きました。

 

そう!「オリジナルの伝統工芸品」を制作したのです!

 

 

和雑貨専門店・四季彩堂で取り扱っております商品の中でも、オリジナルで製作ができる商品が色々とございます。

 

今までにオリジナルをお願いした例を挙げると、陶人形や古布創作人形、南部鉄器の鉄瓶やお箸などがございました。

 

工程上、オリジナル品を作ることが難しい場合もありますが、和雑貨わらいやでは作家さんとの結びつきも大切にしておりますので、作家さんに直接相談させて頂ける場合もございます!

 

企業様のノベルティでご使用になる場合や、今回のひらたつのように個人でご使用になられる場合など様々です。

 

 

制作が可能かどうか、納期や金額など気になることがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

TEL:053-545-9000

FAX:053-544-5411

アドレス:shop@shikisaido.co.jp

 

 

以上、店長ひらたつでした!!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS RSS

最近のコメント

    ページ上部へ戻る