商品カテゴリからさがす

メニュー一覧
カート

和雑貨専門店「四季彩堂」がお勧めする 屋我平尋琉球ガラス作家 です。

屋我平尋
琉球ガラス作家

屋我平尋紹介

屋我平尋さん 作歴

1958年
屋我平尋、生誕
1991年
第43回沖展 沖展賞
1992年
沖縄タイムス芸術選賞秀作選抜展
第44回沖展奨励賞
1993年
第45回沖展 沖展賞
1997年
「尋グラス工房」設立
2000年
第52回沖展 準会員賞
2004年
沖縄県工芸士認定
2008年
沖縄県優秀技能者表彰

屋我平尋商品

屋我平尋さん インタビュー

―こだわりを教えてください。

こだわり「他の工房には出せない色」というものにこだわっています。
琉球ガラスと言えば、夏場のイメージの方が多いかとは思いますが、そうではなく、年中使っていただきたいので透明感を少なくしているのも特徴です。
オリジナルの色は「カチ」や「ピーコック」など9種類以上あるでしょうか。
手間がなかなかかかりますよ。



―ガラスに携わってどのくらいになりますか?

f04グラス琉球ガラスの師匠と出会い、そこから9年。独立をさせてもらってから16年経ちます。
また師匠と会う前は、ステンドグラスをしていましたので、合わせると33年ですね。
ステンドグラスの技法を取り入れた琉球ガラスは僕にしかできないんじゃないかな。


―ちなみに”師匠”とはどちらの方ですか?

師匠は「稲嶺盛吉」さんです。「宙吹ガラス工房虹」は稲嶺さんと一緒に立ち上げました。


―師匠は”稲嶺盛吉”さんですか!?ということは屋我さんは稲嶺さんの一番弟子ですね!

そうなりますかね(笑)

―制作活動で楽しいこと、嬉しいことは何ですか?

インタビューそもそも、いつも好きなこと(ガラスを作ること)をしているから常に楽しいよ。
ガラスを作ることは「光と遊ぶ」ってことだらかね。色にこだわって、そこに自分の色を出していく、自分では「光の料理人」って言ってるよ。

―かっこいいですね!屋我さんが一番好きな色は何ですか?

「カチ色」ですね。工房を作って2~3年で出来た、一番最初のオリジナルの色だから思い入れもあるからね。

この「カチ色」は自然の中で一番深く暗い色なんだけど、自然の中から引きだした一番自然に近い色だと思っています。

―最後にお客様にオススメの作品をご紹介ください!

やはり名前からとったHIROグラスだね。流雲からイメージした02シリーズで2002年から作り始めたんだ。
持ちやすく氷をカラカラ鳴らして飲んで欲しいね。


現在、商品はございません。

お買いものカゴ

カートを見る

ご注文金額(0点)

0円

送料手数料無料まで

商品カテゴリからさがす

メニュー一覧
  • メールフォーム
  • FAXでのご注文
  • facebook
  • Twitter
  • 四季彩堂ブログ
  • ハシマニア・助さんのインスタ
  • 四季彩堂・スタッフ紹介
  • 名入れ箸本家

営業カレンダー

2024年6月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2024年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

=定休日