父の日始まりは??

 男手ひとつで育て上げたお父さん

 

父の日はアメリカ発祥の行事で、その歴史は南北戦争までさかのぼります。

 

アメリカのワシントン州に住んでいたソノラ・スマート・ドッドという女性。

 

彼女の父親は戦争に召集され、その後母親が6人の子供を育てていましたが、父親が戻った後に過労で亡くなってしまいました。

 

父親が男手ひとつで6人の子供全員を成人まで育て上げた後亡くなりました。

 

 

尊敬していた父親の為、母の日があるならと、ソノラさんは通っていた教会の牧師さんに「父に感謝する父の日」の制定を願い出て、1910年6月19日に礼拝をしてもらいました。

 

その日が6月の第3日曜日にあたることから、ワシントン州ではその日が「父の日」と制定されました。

 

 

アメリカで正式に国民の祝日となったのは1972年のことで、日本には1950年頃から広まったとされています。

 

 

改めて「お父さん」の存在を考えてみると、とても大きなものではないでしょうか?

 

 

「いつもありがとう。」

 

 

その言葉だけでも嬉しいものだと思います。

 

 

わらいやでもそんなお客様のお手伝いができればと思います。

 

何でもお気軽にご相談下さい!

 

 

わらいや「父の日特集」はこちらからどうぞ♪

 

 

以上、店長ひらたつでした!!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

2023年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

RSS RSS

最近のコメント

    ページ上部へ戻る